• 株式会社 中村建設

ZEH普及への取組み

ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)普及への取組み


政府は、「エネルギー基本計画」(2014年4月閣議決定)において、「住宅の一次消費エネルギー消費量が正味(ネット)でゼロとなる住宅(以下、ZEH)を、2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均での実現を目指す」という政策を掲げました。

ZEH(ゼッチ)(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは、「外皮の断熱性能等を大幅に向上させるとともに、高効率な設備システムの導入により、室内環境の質を維持しつつ大幅な省エネルギーを実現した上で、再生可能エネルギーを導入することにより、年間の一次エネルギー消費量の収支がゼロとすることを目指した住宅」です。


ZEHに必要なポイント

「断熱」

高性能な断熱材や結露しにくいサッシにすることで断熱性能を向上させ、住宅の断熱性能が上がると、消費エネルギーを最小限に抑えることができます。

「省エネ」

HEMS(家庭内のエネルギー消費や創エネを管理コントロールし、効率化を図る管理システム)や省エネ性能の高い機器を取り入れることで、消費エネルギーを削減します。 また消費電力を抑えたエアコンや冷蔵庫、エコキュートやハイブリッド給湯器など高効率な給湯システム、長寿命で電力消費の少ないLED照明を設置することで、省エネ効果と快適さを実現します。

「創エネ」

太陽光発電や家庭用燃料電池(エネファーム)を導入し、エネルギーを創ります。

消費電力を賄うだけでなく、さらに蓄電池システムを導入することで、自然災害の停電時にも役立ちます。

初期費用は通常の住宅よりもかかりますが、地球環境にやさしく光熱費削減が可能です。

中村建設はネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)支援事業のZEHビルダーに登録いたします。






7回の閲覧

COPYRIGHT © NAKAMURA-CONSTRUCTIONS INC. ALL RIGHTS RESERVED.