デザインハウス建築の工務店|中村建設

工務店・中村建設の家には表情と個性がある。

E-MAIL
  TOPコンセプトハウス太陽光発電施工実績温故知新メールマガジン よくある質問(FAQ)会社概要無料相談会
5つのホント?
 
太陽光発電を設置するなら“今”ってホント?

売電価格が高く装置購入価格が下がった今がチャンス!

住宅の屋根などに設置された太陽光発電機などで発電された電気の平成25年度の買取価格は38円(内税)/kwh。

買取期間は10年〜20年間(制度が続く限り変更はありません)で設定されています。

この余剰電力買取制度がスタートした2010年度は最高値の48円/kWhだった
買取価格ですが、2011年には42円/kWhとなりました。

残念ながら、売電価格というのは年々下がる傾向にあります・・・・。

また、世界的に評価の高い海外ブランドの商品も日本に導入されてきており、太陽光発電装置の
価格は、数年前に比べ、大きく下がってきました。

収支のバランスを考えると、今が太陽光発電の導入のチャンスですね。

設置した機械の発電保障があるってホント?

機械の製品保障は勿論、出力の保障が重要です。

太陽光発電システムは高価な買い物ですが、条件さえ整っていれば、設置後の光熱費の削減、売電による収入などにより、10年以内には初期投資を回収できるともいわれています。しかしこれはもちろん、当面の間は大きな故障がなく使え、かつ年数が経っても発電性能が目立って落ちたりしない、という前提での話

出力保証とは、出力性能を一定期間にわたって保証し、何らかの理由から規程よりもモジュールの発電性能が低下したときには、メーカーが問題があったモジュールの修理や交換に応じるサービスのことです。

長期間にわたって利用する製品なので、サポートや保証の確認が重要ですね。

海外メーカーも注目されているってホント?

売電価格が高く機器設置費用が下がった今がチャンス!

太陽光発電の世界でここ1〜2年で大きく変わったのは、開発するメーカーが増えたこと。国内でも家電系のメーカーから、エネルギーメジャー企業の本格参入や、専門メーカーまで多岐にわたります。

そんな中、国内メーカーだけではなく、海外メーカーも注目されています。

国内メーカーに比べ、発電効率国際的な評価も高く、価格も安いことが大きな特徴。最近では、保障やアフターサービスも充実しているので、家電大型量販店でも海外メーカーの取扱い量が増えてきています。

収支のシミュレーションをしてくれるってホント?

補助金だけじゃなくトータル収支を計算することが重要。

太陽光発電を導入する際には、補助金だけではなく、メーカーや販売店、金融機関等で融資制度を用意している場合もあり、機器購入費や設置費だけではなく、日々の光熱費や売電収入、メンテナンス費用なども考慮しながら、収支計画を立てることが大切です。

太陽光発電を導入後、10年以内で初期費用の回収をおこなえますが、しっかりとした収支のシュミレーションをおこなうには、複雑な計算が必要となります。

太陽光発電の技術や知識をもつだけではなく住宅の建築や設計に明るい技術者にシュミレーションをしてもらうことをオススメします。

大切なことは、プロにトータルコストと収入で収支計算をお願いすることですね。

会社の屋根を有効活用できるってホント?

太陽光発電で会社の遊休地活用を進める社長さんが増えています。

ビルの屋根、工場や倉庫の屋根、遊休地など、これまで収益のあがらなかった会社の施設を、太陽光発電で賢く活用する方が増えてきています。

ビルやアパートの屋根、工場や倉庫の屋根、遊休地など、これまで収益のあがらなかった施設を、太陽光発電で賢く活用する方が増えてきています。

たとえば、アパート(集合住宅)のオーナーが、積極的に太陽光発電を導入していたり。

それは、太陽光発電は「利回りのいい投資!」と考える経営者が増えてきているからです。さすが!社長さんたち!太陽光発電の魅力をすぐにビジネスに活用されてますね!

利回りとは投資対象の年間の利益が投資金額に対して、どの程度かを見るものです。通常利回りとは、%で表記されその値が高ければ高いほど良い投資だとされます。利回りを上げるためには、年間利益を上げ、投資金額を下げることです。

賃貸住宅であっても、国の補助金制度(J-PEC)が活用できたり、特別優遇税制が利用できたり、青色申告所を提出する法人に対して税額控除や特別償却が可能な優遇制度があるのも魅力です。

賢い経営者のとって、遊休施設の収益獲得のアプローチとして、とても魅力的なのが、太陽光発電なんですね。

 
太陽光発電システム問合せ0120-349-789
メールでのお問い合わせはinfo@nakamuracons.com
 
copyright (c) nakamura-construction allrights reserved